木々を渡る風

  一ヶ月程前の従姉からの電話から、、ずっと、
 覚悟しなければいけない悲しい現実がやってくること・・
 15日の19時過ぎ 姉からの電話、、
      大病中だった従兄(私より一つ上)の訃報を聞くこととなる
      
          昨夜 無事に帰宅した従姉からの電話
          無事に葬儀を終えたことを伝えてくれた
          鹿児島に帰省する前日、泣きじゃくって我が家へ電話してきた従姉     
             生きていくって、、こんなに辛くて悲しいこと
             50代前半で人生の幕を閉じることとなった従兄には 
             幼少時代の思い出が 沢山、心に残っていて
               今この時も、、悲しくて涙がでてきてしまう、、


            心が少し落ちついたら また元気に 皆様のところへと
                       お伺いさせて頂きます      
[PR]

by hazukiaa | 2008-06-19 08:15 | お伝え